Face lift

こんな症状が出てないですか?

  • フェイスラインがぼやけてきた
  • 輪郭が四角になってきた
  • マリオネットライン・ほうれい線が目立ってきた
  • 口角が上がりにくくなった
  • 顔と首の境目が分かりずらくなってきた
  • まぶたが垂れ目が開きにくい

たるみに適した治療 CLINIC

肌へのダメージ・痛みが少ない・デリケートな方でも脱毛可能

たるみ肌とは?

たるみ肌とは、まぶた、目尻、目の下、口もと、フェイスラインなど全体的に垂れ下がっている印象のお肌です。

加齢や生活習慣により皮膚を支えている筋膜や皮膚の土台であるコラーゲン・エラスチンの減少、また骨の萎縮により起こります。
30歳を過ぎてからたるみを感じられる方が多く、40代の過半数がたるみを実感されています。

たるみ肌の原因は?

たるみの原因は紫外線などの外的要因や、加齢や食生活などの内的な要因もあります。お肌の土台となっている真皮層・筋肉層・骨が弱くなることによりたるみの原因になります。
  • 肌弾力の低下

    紫外線によるダメージや加齢により、真皮層にあるお肌を支えているコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減少し弾力の維持が出来なくなりたるみに繋がります。
    真皮層を作り出す線維芽細胞は25歳から30歳を過ぎたあたりから減少するため、30歳以降にたるみを自覚される方が多くなります。
  • 表情筋の低下・発達

    私たちの顔には表情筋がたくさんあります。表情筋は真皮層の下にあり、衰えることで皮膚のたるみに繋がります。
    表情が普段から乏しく表情筋を使っていない方や、加齢により筋肉が衰えることでたるみやすくなります。
    また、下に引く力が強い筋肉が発達すると、口角が下がりたるみが目立ちます。
  • 脂肪の蓄積

    代謝が下がり、むくみやすい状態が続くと脂肪が蓄積されやすくなります。
    お顔の脂肪層が分厚くなると真皮層で支えるのが難しくなり、たるみに繋がります。
  • 骨の萎縮

    加齢や急激なダイエットにより栄養不足で顔面骨密度が低下し骨が萎縮することでたるみます。

普段から心掛けたいたるみ対策として

  • 紫外線・乾燥対策

    たるみを防ぐために気をつけたいのは、肌の老化を進めてしまう、紫外線です。特に紫外線A波はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸のある真皮層(お肌の土台の部分)の細胞を破壊し、たるみを引き起こす要因となります。
    乾燥しているお肌はバリア機能が低下し、紫外線などの外的な刺激を受けやすくなります。
    るなどの策を行いましょう。
    また、日頃から保湿を行い乾燥対策をし、外的刺激から強いお肌を作り
  • 表情筋や頭皮のケアもする

    たるみ予防として、表情筋を普段から鍛える意識をしましょう。
    顔ヨガ・フェイストレーニング・表情を豊かにするなど、普段から口角を上げることを意識するだけでも予防に繋がります。
    頭と顔は一枚の筋膜で繋がっているので、頭の筋膜がカチカチに固まっていると、顔を引き上げる力が弱まります。頭の筋肉をほぐす事で自然なリフトアップ効果が期待できます。
  • 活性酸素によるダメージをつくらないよう心がける

    活性酸素はウイルスや細菌から身体を守る働きがありますが、多すぎると細胞やタンパク質を破壊し、体内の老化を進めます。
    活性酸素のリスクを高める要因は、紫外線、喫煙、過度の運動、ストレスなどがあります。
    普段からバランスのとれた食事、適度な運動やリフレッシュする時間をつくるなど心身とも健康的な生活を心がけることが大切です。
  • 姿勢を良くする・スマフォを見過ぎない

    姿勢の悪さも、たるみの要因になります。
    猫背姿勢は顎が前に出てるため、顔が下方向に向きやすく、たるみを加速させます。
    普段から姿勢を正し、顎を引くことを意識しましょう。
    『スマフォたるみ』と言われている下を向いた姿勢を長く続けることで、頬の脂肪が重力により下がり、たるみの原因になります。
    スマフォを使用する際や長時間のパソコン作業もできれば目線を画面と合わせてするように心がけましょう。

たるみに効果的なホームケア

  • ゼオスキンヘルス ファーミングセラム

    肌に弾力をもたせ引き締めてハリを与える美容ジェルです。たるみを改善しはっきりとした輪郭に整えます。

    【使用方法】朝・晩 約3ヶ月分 47ml  ¥30,800
    1〜2プッシュ手に取り、顔全体、フェイスライン、首に均一に塗布します。

    ゼオスキンヘルスの商品を購入される方は医師の診察が必要です。
    オンライン診察・購入も可能です。
    ゼオスキンヘルス
  • エニシーグローパックCL+

    医療専売品・先進型炭酸ガスパック。ホームケアを超える医療美容並みのケアがお家でできると話題のパックです。
    肌回復を助けてくれ、ダウンタイム中・治療との併用・アトピー肌どんなお肌でも使用可能です。
    使用するとお肌が引き締まり、リフトアップや小顔効果が期待できます。

    10回分 (スパチュラ付き) ¥24,200
    ご購入はロレシー美容クリニックにお問い合わせください。

たるみに効果的な栄養素・食べ物

  • ビタミンC

    ビタミンCの働きは、体内の酸化遺伝の反応に広く関わる他、コラゲーン生成を助ける働きをします。
    ビタミンCが不足すると老化が早まることが明らかになっています。
    ビタミンCが不足すると免疫が低下しやすく、風邪を引きやすくなるなど、病気にかかりやすくなるり、肌荒れやアレルギーが出やすくなる等の症状が出ます。
    ビタミンCは体内で作られない栄養素なので定期的に摂取しないといけません。

    ビタミンCが多く含まれている食品
    ピーマン・ブロッコリー・キウイフルーツ・菜の花・イチゴ など
  • ビタミンE

    代謝が悪くなることにより、たるみなどの老化が促進されます。代謝を助けてくれる成分としてビタミンEがあります。ビタミンEは活性酸素の働きを抑えるとともに血行をスムーズにして、肌の新陳代謝を促す働きがあります。

    ビタミンEが多く含まれている食品
    アーモンド・うなぎ・かぼちゃ・落花生・ひまわり油など
  • たるみに効果的な内服・点滴・注射について

    内服

    ビタミンCを主成分としている【シナール】がおすすめです。
    ビタミンEを主成分としている【ユベラ】がおすすめです。
  • プラセンタ注射

    40代からエストロゲンという女性ホルモン分泌の減少により、たるみが加速することが分かっています。エストロゲン減少により骨萎縮やコラーゲンやエラスチン繊維の機能低下、皮脂分泌減少によるお肌の乾燥の要因になります。プラセンタはエストロゲン減少による様々な症状を和らげてくれる作用があることが明らかになっています。
  • 高濃度ビタミンC点滴

    ビタミンCの働きは、体内の酸化遺伝反応に広く関わる他、コラゲーンの生成を助ける働きをします。
    ビタミンCが不足すると老化が早まることが明らかになっています。
    高濃度ビタミンC点滴は栄養素を直接血管から摂取できるため、効率よくビタミンCを体内に吸収することがでできます。