Equipment

メディオスターネクストプロとは?

メディオスターネクストプロとは?

メディオスターネクストプロは、脱毛理論から新しい医療脱毛機です。厚生労働省認可された『蓄熱式医療脱毛機』で安全で効果が出ると高く評価されています。従来の医療脱毛機は高熱処理で毛根を破壊していく方法で、痛みを感じやすく、火傷や色素沈着、毛包炎のリスクが高くありました。メディオスターネクストプロは一気に高熱を加えず、熱溜まりをつくりながらじわじわと細胞破壊をおこし脱毛していきます。このレーザーの入れ方の違いとアプローチをかける場所の違いで今までの医療脱毛のデメリット、例えば痛みや肌への負担、火傷などの皮膚トラブルなど、を大きく改善した医療脱毛機です。

メディオスターネクストプロの特徴

  • 痛みが大幅に軽減

    メディオスターネクストプロの照射温度は60度程度です。従来の医療脱毛機アレキサンドライトレーザーに比べると4分の1程度の照射温度となります。メディオスターネクストプロは冷却装置を使用しながら、じんわり温かい熱だまりを肌に入れていくので、バチッとした刺激はなく、痛みを感じにくくなっています。
  • 肌へのダメージが少なく・敏感肌にも施術可能

    従来の医療脱毛機は皮膚の深層部にある毛根にむけて強いパワーで照射していくため、肌の刺激が強く、肌トラブルのリスクが高くありました。そのためアトピーや乾燥が進行しているなどの敏感な肌質の方や、ニキビができている箇所、デリケートゾーンの粘膜付近は照射を避けることがありました。メディオスターネクストプロは毛根よりも手前の位置にある『バルジ領域』にダメージを与え脱毛をしていくので、アレキサンドライトレーザーのように強い照射パワーがなくても脱毛が可能です。敏感肌やデリケートゾーンの粘膜付近などのデリケートな箇所にも安心して施術できます。
  • 色素沈着や色黒肌にも高い脱毛効果

    従来の医療レーザーは黒い色(メラニン色素)に反応するため色素沈着や日焼けした肌、色黒の方、色素沈着しやすいデリケートゾーンの照射が困難でした。レーザーがメラニン色素(黒色)に反応すると皮膚表面でレーザーが反応し、火傷のリスクがかなり高くなります。
    メディオスターネクストプロはメラニン色素の吸収率が低いため、火傷のリスクを下げながら色素沈着や日焼けした肌、色黒の方の脱毛が可能です。
  • 産毛や細い毛にも効果的

    従来の医療レーザーはメラニン色素(黒色)に反応するため、色素が薄い毛、細い毛、産毛にはレーザーが反応しにくく、これらの毛に対しての脱毛効果が得られませんでした。
    メディオスターネクストプロは肌の中で熱だまりを作り、『バルジ領域』をターゲットにし脱毛していくため、毛質関係ないく効果を実感していただけます。

従来の医療脱毛機との違い

メディオスター ネクストプロと従来の医療脱毛機を比較すると、
どちらも成長期の毛(メラニン色素)に反応し、熱を発生させ、レーザーで細胞を破壊しますが、
従来の医療脱毛機とメディオスターネクストプロの違いは
 「アプローチする場所」「熱を加える方法」 です。
  • アプローチする場所の違いとは

    従来の医療脱毛機は『毛根』をターゲットとし、『毛根』を230度の高熱で細胞破壊し毛を生えなくします。高熱処理で脱毛するため、痛みが伴い、お肌に負担がかかるため、この点がネックになっていました。

    メディオスター ネクストプロは『バルジ領域』という毛を作る働きをする細胞をターゲットとし、60度程度の熱だまりで『バルジ領域』の細胞を破壊していきます。
    高熱を使わないため、痛みが少なく、お肌に優しい、安心で安全な医療脱毛が可能になりました。
    レーザー照射のターゲット
  • メディオスターnextproの照射方法

    メディオスター ネクストプロは蓄熱式と言われる照射方法で、同じ箇所を6回なぞるように照射していきます。じわじわと熱を与え、皮膚の浅い層にある『バルジ領域』に熱だまりを作り『バルジ領域』の細胞を破壊します。
    レーザーで熱を加える方法
メディオスター NeXT PRO
(SHR方式)
従来の医療脱毛機
(加熱方式)
エステ脱毛 ニードル脱毛
脱毛方法 約60度程度の
熱を蓄熱していく
レーザーを
肌の毛根部分に当てて、
高熱で組織変性させる
光を肌に直接当てて、
60~70℃位の温度で
組織変性させる
毛穴一つ一つに針を刺し、
針から電気または高周波を流し
組織を破壊する
施術時間がかなりかかる
痛み 痛みは感じにくい
痛みはかなり感じやすい 痛みは感じにくい 痛みはかなり感じやすい
脱毛効果 5~6回 5~6回 12回以上 1~2回
肌への
ダメージ
ほとんどなし あざや火傷が
できることもある
ほとんどなし 肌炎症など
トラブルが起きやすい
※表は横にスクロールできます。