Hyaluronic acid

カベリンイメージ画像
カベリンの特徴がわかるバナー画像

脂肪溶解注射はこんな方におすすめ

  • 部分痩せをしたいが、リスクがある治療は避けたい
  • 痛みが少ない治療がいい
  • 顔の脂肪が気になるが、脂肪吸引は怖い
  • 団子鼻を改善したい
  • ダウンタイムの期間が取れないので、ダウンタイムがない治療がしたい
部分痩せがイメージできるイラスト

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは、皮下脂肪が気になる部分に脂肪溶解の作用がある薬剤を注入し、部分痩せに効果的な治療です。脂肪細胞を破壊し、細胞そのものを減少させる事が出来るため、痩せにくい頬や二重顎など、顔にある脂肪や、太ももやお腹周りなど体の脂肪も、リバウンドを防ぎながら効果的に部分痩身ができます。
メスを使わず、注射で薬剤を注入していくため、外科手術で脂肪吸引を検討しているがダウンタイムが取れない方におすすめです。
脂肪溶解カベリンの写真

ロレシーはカベリンを使用し施術します

Kabelline(カベリン)とは、デオキシコール酸を主成分とした脂肪溶解の薬剤で、従来の脂肪溶解注射BNLS Neoと比較すると、デオキシコール酸が約5,000倍の濃度である0.5%と、高配合されているため、脂肪溶解注射の中でも高い効果を、腫れや痛みを抑えながら得られることに優れた薬剤です。2年の臨床試験で安全性が証明されています。

Kabelline(カベリン)の主な成分

  • デオキシコール酸

    デオキシコール酸の作用は、脂肪細胞の膜を破壊することで脂肪を取り除き、然に体外に出し脂肪を減少させます。同時に、脂肪のえを防ぐ効果があり、リバウンドを予防しますFDA分として注目されています
  • L-カルニチン

    L-カルチニンの作用は、脂肪代謝に重要なアミノ酸で、脂肪酸と結合し、ミトコンドリアへ運ぶ役割があります。運ばれた脂肪酸はエネルギーとして代謝・分解されます。
  • アーティチョークエキス

    アーティチョークエキスの作用は、脂質の代謝促進の薬効が期待されているポルフェノールの一種です。脂質の代謝促進やむくみ解消に効果が発揮され、循環を向上させることで術後の腫れを軽減できます。

カベリンの効果

  • カベリン両小鼻注入 2cc4回施術の症例写真

    カベリン両小鼻注入 2cc4回施術

    施術の副作用/リスク:内出血、腫れ、痛み
    施術価格:1cc¥3,850(税込)
  • カベリン鼻先注入 2cc5回施術症例写真

    カベリン鼻先注入 2cc5回施術

    施術の副作用/リスク:内出血、腫れ、痛み
    施術価格:1cc¥3,850(税込)
  • カベリン両頬10cc 5回施術症例写真

    カベリン両頬10cc 5回施術

    施術の副作用/リスク:内出血、腫れ、痛み
    施術価格:1cc¥3,850(税込)
  • カベリン両頬10cc 5回施術症例写真

    カベリン両頬10cc 5回施術

    施術の副作用/リスク:内出血、腫れ、痛み
    施術価格:¥3,850(税込)
部分痩せがイメージできるイラスト

注入単位の目安

・額、鼻           1~5cc

・こめかみ(片側)          2cc
・頬(片側)       1~8cc
・口角(片側)        1~5cc
・フェイスライン(片側)    1~8cc
・二重あご           3〜8cc

・二の腕(片側)   10cc
・脇肉(片側)    8~20cc
・背中                 10~20cc
・腹部                 10~20cc
・ヒップ(片側)   10~20cc
・太もも(片側)   10~20cc
・ひざ(片側)       8cc

※上記単位数は目安となります、体型により単位数は増減します。

脂肪溶解注射(カベリン)治療の流れ

  • step1診察

    診察で医師が適切な治療を判断します。
  • step2料金の説明や同意書の記入

    専門カウンセラーが、施術の補足部分を伝え、ご納得いただいてから料金の支払いを進めていきます。
  • step3デザイン

    注入箇所をデザインしていきます。
  • step4処置

    薬剤を注射針で注入していきます。
  • step5帰宅

    術後はそもまま帰宅していただけます。

脂肪溶解注射(カベリン)よくある質問 Q&A

脂肪溶解注射の術後当日から、洗顔や入浴はできますか?

針穴を避けて、シャワーは当日から、入浴は3日後からできます。

カベリンは注入後どれくらい腫れますか?

く腫れは滅多になく、薬剤が入った分だけ腫れたように見えますが、術後数時間で目立たなくなります。

カベリンの施術中の痛みはありますか?

注射に伴う痛みは、ごく軽度です。痛みが弱い方は、局所麻酔を使用することができますので、ご相談ください。

カベリンは何回くらいで効果が出ますか?

個人差がありますが、目安として5回は回数を重ねた方が、結果が出やすいです。

脂肪溶解注射の術後気をつけることはありますか?

術後から注入部位のマッサージをすることでカベリンの効果が高まります。

カウンセリング当日に施術はできますか?

はい、可能です。当日施術希望の旨を予約時にお伝えください。

価格を安く済ませたいのですが、何か方法はありますか?

費用面で患者様の声が多く応えれるように、随時イベント開催やモニターを募集しています。予算に応じれるようにご提案いたします。

福留院長が微笑みながら腕組みをして立っている写真

脂肪溶解注射(カベリン)医師のコメント

ロレシー美容クリニックでは、脂肪溶解注射の中でも効果が高いカベリンを使用し、施術します。効果が得られるまで、最低5回ほど治療回数がかかってくるケースが多いですが、ダウンタイムなく部分痩せができるので、外科手術で脂肪吸引をしたいが、リスクや術後の経過を懸念されている方におすすめです。

料金表(税込表記)

脂肪溶解注射 カベリン 1本(8cc)
¥55,000
1cc ¥7,700
針代必須 ¥3,300

リスク・副作用・ダウンタイム 監修医師:福留斉

処置時間 部位にもよる30分から1時間程度
メイク 針穴を避ければ直後より可能
麻酔 麻酔不要・注入部位を保冷剤で冷やしてから施術を行います。
シャワー・入浴 シャワーは(針穴を避けて)当日から可能。サウナ、入浴は3日後から。
ダウンタイム 腫れ赤みが2〜3日程度
痛み 注入後はじんじんと熱くなるような痛みがあります。時間経過とともに治ってきます。
術後の経過 効果は1週間ほどで現れます。より効果を出すために治療後3日間の有酸素運動を推奨します。当日は患部をさけ、翌日からマッサージをすることより効果を実感する事ができます。
リスク・副作用 赤み・熱感・腫れ・内出血・違和感を感じる・硬結を生じる・ごく稀にアレルギー
禁忌事項 妊娠中、妊娠の可能性がある方、授乳中、抗凝固剤服用中の方
推奨回数 1〜2週間間隔で4〜8回の治療がおすすめです。

ロレシー美容クリニック3つのお約束
  • 丁寧な施術を受ける女性の写真

    丁寧な施術

    患者様の希望に沿わせ丁寧に施術します。
  • 高品質・低コストをイメージできる画像

    高品質・低コスト

    高品質を安い価格で提供します。
  • 福留院長の診察する風景の写真

    再診料0円

    不安なことは何度でも再診料0円で対応させて頂きます。