Face lift

赤ら顔の原因は?

一時的な赤みではなく、慢性的な赤ら顔の原因は『毛細血管拡張症』により赤くなっている可能性があります。生まれつきの要因が大きいですが、後天的に発症する場合もあります。
赤ら顔の原因について3つあげていきます。
  • 1、皮膚が薄い・肌が白いことで血管が見えやすい

    毛細血管拡張症は色白や皮膚が薄い人に表れやすく、生まれつきが要因であることが特徴です。
    血管が肌表面から見えやすく、温度差や緊張などの精神的影響により赤みが強く出る傾向にあります。
  • 2、炎症により赤みが出ている

    炎症ニキビが繰り返し再発することにより、顔に赤みが出るようになります。
    ニキビの他に炎症が要因で赤みが長期的に出る場合があります。
    この場合は、炎症が治ることで顔の赤みは改善していきます。
  • 3、間違ったスキンケアで赤ら顔になることも

    洗浄力が高いクレンジングや洗顔で洗いすぎたり、強い摩擦を定期的に加えることで、皮膚が薄くなり赤ら顔になることもあります。
    スクラブやピーリングが赤ら顔の原因になる場合もあります。
    間違ったスキンケアを続けることで、皮膚が薄くなり、赤みが出やすくなります。

赤ら顔治療にはエクシライトが効果的

エクシライトとは?

IPL(フォト)と呼ばれる光を顔全体に照射する治療法です。
最新のIPL医療機であるエクシライトシステムは従来のフォトフェイシャルのような単一波長ではなく、フィルターを使用して広域な波長の光を発生させることで肌へ低刺激に働きかけができます。

赤ら顔の原因である毛細血管拡張をエクシライトにより血管を縮小し、赤ら顔の改善が可能です。
平均で6回〜9回程度回数を重ねると改善します。

赤ら顔改善の他、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進させ、お肌にハリ・ツヤ感を出し肌質を向上することが可能です。

 エクシライトについて

普段できる赤ら顔対策

  • スキンケアの見直し

    今のスキンケアが、肌負担がなく低刺激なもか、今一度見直してみてもいいかもしれません。
    スキンケアの仕方も、押し拭きをするなど摩擦をなるべく加えないように気をつけていきましょう。

    冷温法を取り入れてみる

    加齢や食生活、ストレスなど様々な要因で毛細血管の壁が弱くなり、毛細血管拡張になることを予防する対策として『温冷法』があります。
    お湯と水など、繰り返しお肌に当てることで、血管のトレーニングができ血管が柔軟になることで、毛細血管拡張の予防・改善が期待できます。
    温冷法で赤ら顔を改善するのは長期目線になりますが、予防も兼ねて取り入れてみてください。
  • 保湿は赤ら顔を緩和させる

    お肌の水分保持力を高めることで、赤ら顔を緩和することができます。
    ただ、保湿するということではなく、お肌が水分を抱え込み保持する力をつけることが必要です。
    質の良い睡眠や食生活、こまめな水分摂取など。
    生活習慣の見直しも大切です。