Beauty drip

美容点滴・注射・内服

こんな方におすすめ

  • 疲れが取りにくい
  • 肌荒れやシミができやすい
  • アトピーやアレルギー体質を改善したい
  • しみやくすみの改善をしたい
美容点滴・注射・内服によって上記のようなお悩みの改善効果が期待できます。

美容点滴・注射・内服とは?

美容点滴や注射、内服は「美白・美肌」、「疲労回復・ストレス緩和」、「ダイエット」など様々なお悩みに対して効果的な治療方法です。栄養素を直接取り入れるため、即効性が期待でき、副作用の出にくく安全性が高いことが大きな特長です。

初めての方でも試して見やすい安価なメニューもあるため、興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

美容点滴・注射の概要・注意点

概要
白玉点滴注射とは、主成分のグルタチオンの効果によってメラニンの生成を抑制し、しみやそばかすの改善を行うとともに、美白・美肌効果を期待することができます。
他にも疲労回復効果やデトックス効果、肝機能改善などグルタチオンの成分で体の内側から様々お悩みを改善することが可能です。
注意点
過去にグルタチオンアレルギー反応が出た方や、妊娠中、授乳中の方は白玉点滴を受けることができません。注射後に頭痛、嘔吐や悪心が出た場合はすぐにご相談ください。
※表は横にスクロールできます。
白玉点滴シングル 3回コース 単発
18,000(1回あたり6,000 ) 16,000
白玉点滴ダブル 3回コース 単発
36,000(1回あたり12,000 ) 16,000


                                        二日酔い点滴/注射について
概要
二日酔い点滴は、アルコール代謝や新陳代謝を促進させることにより、二日酔いの回復を早めることを目的としたものです。二日酔い点滴の主成分であるブドウ糖液によって血中のアルコール濃度を下げるとともに、アルコールを分解するために必要な成分を摂取することが可能です。
注意点
副作用の心配はほとんどありません。
※点滴があるからと言って飲み過ぎには注意しましょう。
※表は横にスクロールできます。
二日酔い点滴 3回コース 単発
15,000(1回あたり5,000 ) 7,000

概要
高濃度ビタミンC点滴により抗酸化作用や免疫力の向上が望めます。サプリメントで摂取するよりも効率的に血中のビタミンC濃度を高めることが出来るため、飛躍的な効果を体感することが出来ます。
注意点
G6PD欠損症の方は、『高濃度ビタミンC点滴』を受けることができません。
その他、基礎疾患とその日の体調によっては施術を控えたほうが良い可能性があります。詳しくは直接医師にご相談ください。
※表は横にスクロールできます。
高濃度ビタミンCハーフ 3回コース 単発
30,000(1回あたり10,000 ) 12,000
高濃度ビタミンC 3回コース 単発
36,000(1回あたり12,000 ) 14,000
G6PD検査(高濃度ビタミンC点滴前に必須)
7,000

概要
日本人では稀ですが、生まれつき「G6PD」と言われる酵素を持っていない方が一定数います。該当する方が「高濃度ビタミンC点滴」を受けると、溶血と言われる酷い貧血状態に陥るため、点滴の前に血液検査を行っております。
注意点
「G6PD」欠損症の方は「高濃度ビタミンC点滴」の他にも、オゾン療法なども受けることができません。
G6PD検査
7,000

概要
にんにく注射とは、疲労回復に必要なビタミンB1をはじめとするビタミンB群を多く含んだ栄養素を注射する治療法です。ビタミンB群は、エネルギーの代謝促進と疲労物質の乳酸を分解することによって疲労回復を手助けします。
注意点
匂いに敏感な方は、独特な臭いを感じることがあります。
臭いで吐き気や胸苦しさを感じたことがある方は事前にご相談ください。
※表は横にスクロールできます。
にんにく注射 3回コース 単発
7,500(1回あたり1,500 ) 2,000

概要
リポ酸・Lカルチニン等の成分により、体脂肪の増加を抑制し脂肪が付きにくい体質へ改善することで、ダイエットの補助を行ってくれます。普段の食事や運動では落ちにくい脂肪や体質に内側からアプローチを行い改善していきます。
注意点
基礎疾患がある人や妊娠中(授乳中)・高血圧の方は受けることができません。
不安な方は事前にご相談ください。
※表は横にスクロールできます。
ダイエット点滴 3回コース 単発
18,000(1回あたり6,000 ) 8,000

概要
疲労回復点滴に含まれる、ビタミンB1やグリチルリチン酸、アミノ酸などの成分が、「肉体的疲労」「眼精疲労」などの様々な症状の緩和を行います。また、免疫力を高めたり、風邪の予防などにも効果が期待できます。
注意点
特に副作用はありませんが、点滴後に腫れや疼痛がある方はご連絡ください。
※表は横にスクロールできます。
疲労回復点滴 3回コース 単発
24,000(1回あたり8,000 ) 10,000


                                        プラセンタについて
概要
プラセンタ注射は胎盤より抽出された有効成分を使った治療法です。慢性肝疾患や更年期障害など様々な疾患の治療に使われます。プラセンタには、復調作用という本来あるべき状態に戻そうとする力があり、美肌やエイジングケア効果が高いとことで注目されています。
注意点
比較的、副作用は少ないですが、注射部位の疼痛や過敏症を起こすことがあります。
また、一度でもプラセンタ注射をすると、献血を受けることができません。
プラセンタ 10A 20A 単発
11,000(1Aあたり1,100 ) 20,000(1Aあたり1,000 ) 1,200

内服の概要・注意点

概要
トラネキサム酸とは、主にシミや肝の生成を抑え、薄くする手助けを行ってくれる、アミノ酸の一種です。最近では、美容液や化粧水などに配合されており、非常に有効性と安全性の高い成分です。
注意点
併用すると副作用が出る薬があるため、持病がある方はご相談ください。
トラネキム酸28日分
2,000

概要
シナールはビタミン複合剤であり、ビタミンCを中心としたビタミン類です。抗酸化作用による老化防止や、メラニン色素の形成を抑えることによる美白やシミの防止も期待できます。
注意点
ビタミン剤のため内服にあたって大きな副作用や注意点はありません。
体質よっては悪心、嘔吐や下痢が見られる場合があります。
シナール(ビタミンC)28日分
1,500

概要
ユベラは手足の「冷え」、「しもやけ」、「動脈硬化」などの防止に効果的です。他にも、肩こりや生理不順の治療に補助的に使われることがあります。
注意点
症状に応じて服用量を調整しますので指示通りに正しく服用してください。
脂溶性ビタミンで体内に蓄積するため過剰摂取に気をつけましょう。
ユベラ(ビタミンE)28日分
1,500

概要
タチオンは抗酸化作用と活性酸素や毒素のデトックスを助けることで、美白作用、色素沈着改善が期待され成分です。
注意点
かゆみや発疹などのアレルギー反応が出た方、妊娠中(授乳中)の方は服用できません。飲み合わせにより、効果が出にくい可能性があるので服用を希望する方は現在の服用薬をお申し出ください。
タチオン28日分
2,000

概要
GLP-1は元は糖尿病の治療薬として使われており、インスリン分泌が促進され、血糖値を下げることが可能です。その結果、食欲を抑え、脂肪を分解させやすくなるなどのダイエット効果が期待できます。
注意点
服用するにあたって、1型糖尿病の方には使用できません。
持病によって定期的な血糖測定を行う必要があり慎重な管理が必要です。
GLP-1(サクセンダ)1本
50,000
GLP-1(サクセンダ)2本
88,000

サクセンダGLP-1とは?

GLP-1は元々からだに存在するホルモンの一種で海外では肥満治療でも使用されておりまり、日本でも痩せるためのホルモンと注目されています。

食事を取った後に血糖値を安定させるためのインスリンの分泌をスムーズにすることにより、血糖値をコントロールして脳の摂食中枢に働きかけ食欲を抑える効果があり、食事を取った後の満腹感が強くなる効果があります。
効果について
効果には個人差が大きいですが、1ヶ月で8キロ減量に成功している人もいる程なので、即効性がありボディラインも綺麗に痩せている方が比較的多いです。

副作用

  • 治療初期に吐き気やむかつき、頭痛・便秘・下痢などの症状が出ることがあります。お酒をよく飲まれる方は副作用が出やすい傾向にあり、早くて注射後12時間ほどで副作用がおこります。
    (副作用は個人差がありますが、徐々に消失します。)
  • 食欲を抑制するため、栄養に偏りが出る可能性があります。ビタミンや水分不足があると、肌荒れの原因になるのでバランスのいい食事を心がけてください。特にお酒を飲まれる方は、ビタミンB1(お肉、緑黄色野菜等)の欠乏が起きやすいので注意してください。水分に関しても少なくなりがちなので、少なくとも1日1リットルは摂取できるように心がけてください。
  • 低血糖の症状が出た場合は糖分を摂取してください。(手の震え、冷や汗、倦怠感等)

禁忌事項

下記に該当の方は治療を行えません

  • 糖尿病の方
  • 腎臓に疾患のある方
  • 腹部に手術歴のある方
  • 妊娠中、授乳中の方(その可能性のある方)
  • 自己注射についてご理解いただけない方

下記に該当の方は事前にご相談ください

  • アルコールアレルギーの方
  • 金属アレルギーの方
  • 内服、外用薬を使用中の方

サクセンダ動画(注射針の付け方)

サクセンダ動画(注射の方法)