Face lift

フェイスリフト

こんな方におすすめ

  • たるみが気になるが手術はしたくない
  • 首がたるんで横シワが増えた
  • 今までの治療で満足ができなかった
  • 小顔になりたい
  • 両頬が下がってきた
  • 年齢より老けて見られる
フェイスリフト手術とは?

トゥインクルリフトとは?

フェイスリフトは、顔のたるんだ筋肉を引き上げてシワやたるみを軽減します。

従来のフェイスリフトはたるんだ皮膚を切除する方法でした。
当クリニックでのフェイスリフトであれば、皮膚と同時に筋膜を引き上げてシワを伸ばすことで、効果を長期間維持することが可能です。

当クリニックで扱っている技法についてご紹介します。
  • 技法名 糸リフト(スレッドリフト)

    スレッドリフトはメスを入れるような大掛かりな手術をおこなわず、リフトアップを行い若返りの効果が期待できます。
    医療用の糸を皮膚の下に通して引き上げることにより、シワやたるみを軽減させ、リフトアップすることが可能です。フェイスラインだけではなく、目元や口元、首など気になる部分だけに施術することが可能です。
  • 使用糸の種類 PDO PCL

    フェイスリフトで使用する糸にはいくつかの種類があります。
    当クリニックではPDOやPCLを使用しています。糸の種類ごとの特徴をご紹介いたします。
    PDO
    PDOはポリデオキサノンという名称で、摩擦が生まれやすく組織を持ち上げて持続する効果が高い糸です。
    比較的早く体内に吸収されるため、持続期間が短く、糸リフトが初めての方におすすめです。
    PCL
    PCLはポリカプロラクトンという名称で、しなやかで柔軟性に優れ、目元や口元など日常生活でよく動かす部位に使うことが出来る糸です。また、加水分解すると100%体内に吸収されるため安全性非常に高いです
    PDOと比較すると持続期間が長く、長期的なリフトアップが可能です。

メリット・デメリット比較

メリット
糸リフト(スレットリフト)ではメス入れないため、ダウンタイムやリスクを最小限に抑えてリフトアップを行うことが可能です。
また、副効果として、体が糸を異物と判断し、創傷治癒作用によってコラーゲンとエラスチンが生成され、肌の張りや潤いを与えるため、美肌効果も期待することができます。
デメリット
時間の経過とともに糸が体内に吸収されるため、効果が永続的ではない事がデメリットとしてあげられます。
HIFUの比較?

HIFUの比較

糸リフトでもHIFUでも、たるみを解消してリフトアップを行えることには変わりはありません。

しかし、どちらもいい面もあれば、許容すべき点もあり、様々な面で特徴が異なってきます。
例えば、持続期間だけで比較しても、HIFUは3ヶ月~6ヶ月程度、糸リフトは1年〜2年程度と大きく異なります。

効果・持続性・ダウンタイム・通院コスト等をあなたにピッタリの治療を選択してください。
まずは、気になる点を聞いて頂くだけでも構いません、気軽にご相談ください。

料金表

※表は横にスクロールできます。
8本 10本 12本 1本追加
200,000 250,000 300,000 25,000