Botox

ボトックスイメージ画像
汗止めボトックスの料金を紹介するバナー写真

汗止めボトックスこんな方におすすめ

  • 汗をよくかくため、制汗剤が手放せない
  • 汗の臭いを指摘されたことがある
  • 汗をよくかくので、化粧が崩れやすい
  • 洋服に汗じみができるのが気になる
  • ダウンタイムを気にせずに汗を抑えたい

多汗症をイメージするイラスト

多汗症とは?

過剰に汗をかく症状を”多汗症”と言います。
多汗症は日本人口の7人に1人が持っている症状ですが「多汗症は病気」という認知が低いため、実際に治療する人は少ないと言われています。日常生活に支障が出るほどの汗を週2回以上かく人は、多汗症治療の受診をすることをおすすめします。
汗腺が分かるイラスト

ボトックスで多汗症治療とは?

汗腺はエクリン汗腺(汗を出す)・アポクリン汗腺(臭いを出す)の2種類あります。ボトックスはこの2種類の汗腺どちらにも作用します。汗を出す時に使う”アセチルコリン”という神経伝達物質を一時的に麻痺させることで、汗を抑える事ができ、メスを使わず手軽にできる多汗症治療として多く用いられています。
脇やおへそ周りの局所的に存在するアポクリン汗腺からは、アンモニアなどを含んだ粘りのある汗がでます。この汗は雑菌と重なることで強い臭いの原因となり、汗を抑えることで臭いの軽減に繋がります。必要以上に汗をかき生活に支障が出る人や、汗の臭いが気になる人はボトックスで改善できる可能性が高いです。
注入方法は、汗腺が密集している表層に細かく注入しいき、場所によると痛みを感じやすいため、表面麻酔を行うことを推奨しています。効果は注入後1週間ほどで出てき、個人差はありますが、4〜9ヶ月持続します。
多汗症治療ボトックス注入箇所が分かるイラスト

主な注入箇所

汗止めボトックスの注入箇所は、汗腺が密集し汗をかきやすい”脇・手の平・足の裏・頭皮”になります。

ボトックスの副作用とは?

デメリットや副作用はほとんどありません。ごく稀にアレルギー反応が出る場合がありますが、極めて低く、多汗症治療に使用する薬剤の量が少ないため、アレルギー反応が出る可能性はさらに低くなっています。
マイクロ注射針写真

注入時の痛みが心配な方でも安心

痛みに弱い方は34ゲージのマイクロ注射針をご用意しています。マイクロ注射針とは一般的な針に比べ、非常に細く注入時の痛みを軽減できます。

ボトックス 治療の流れ

  • step1診察

    状態を確認し、医師が適切な治療を判断します。
  • step2料金の説明や同意書の記入

    専門カウンセラーが、施術の補足部分を伝え、ご納得いただいてから料金の支払いを進めていきます。
  • step3施術

    医師が注入部分を細かくデザインし、適量を注入していきます。
  • step4帰宅

    施術後はそのまま帰宅できます。ボトックスは、熱に弱いため術後7日間は半身浴などの、汗をかく行為を控えてください。効果が弱まる要因となります。

3種類のボトックスを使用

  • コアトックス
    コアトックス写真

    次世代のボトックスとも呼ばれている『コアトックス』は、従来のボトックスより耐性がつきにくいため、治療を継続しても効果が落ちないという特徴があります。薬物反応などを、抑制する安定剤が含まれているため、アレルギー反応のリスクが低くなっています。ボトックスに抗体ができ、効果を感じにくくなった方やアレルギー反応のリスクを抑えたい方におすすめです。
  • ニューロノックス
    ニューロノックス社ボトックス写真

    ニューロノックスは、KFDA(韓国食品医薬安全庁)の承認薬で、アラガン社ボトックスのジェネリック的な位置付けとして使用されています。品質・効果・安全性の評価が高く、多くのクリニックで採用されています。アラガン社のボトックスに比べると価格が安く、リーズナブルに治療したい方におすすめです。
  • アラガン
    アラガン社ボトックス写真

    日本国内で唯一、厚生労働省の認可がおりているボトックス製剤です。世界の95%の市場シェアと2000万を超える症例があり、徹底された品質管理のうえ提供されているため、信頼がおける薬剤です。持続性が他の薬剤と比べ1ヶ月ほど高く、注入時に薬剤が広がりにくいため、他の筋肉に作用するリスクを抑えられます。
    当院では、アラガン社のボトックスを推奨しています。
    福留院長が微笑んでいる写真

    ボトックスについて医師のコメント

    ボトックスは、眼痙攣萎縮の治療や脳梗塞後のリハビリなどでも使用しており、美容目的以外の治療でも使われています。安全性や症例実績が高く評価されている治療の一つです。効果や持続性が高く、リスクが少ないため、個人的にもおすすめの治療です。
    ”注入に抵抗がある”など、治療についてお悩みの方は、ぜひ一度ご相談に来てください。
    ボトックスの他の治療はこちらから

    料金表(税込表記)

    多汗症・制汗
    両脇(100単位) ニューロノックス ¥38,500
    アラガン ¥107,800
    コアトックス ¥ 99,000
    両手のひら・両足の裏・頭皮(各150単位) ニューロノックス ¥41,250
    アラガン ¥156,200
    コアトックス ¥134,200
    オプション注射針・表面麻酔
    痛み弱い方|マイクロ注射針 34ゲージ針 ¥1,100
    表面麻酔 ¥5,500

    リスク・副作用、ダウンタイム

    処置時間 15分程度
    治療間隔・回数 3ヶ月から6ヶ月に1度
    メイク 直後より可能
    麻酔 表面麻酔(必須ではない)
    シャワー・入浴 シャワーは当日から可能。注入後7日間はサウナ、入浴など体を温める行為は控えてください。
    ダウンタイム ごく稀に、腫れ赤みが2〜3日程度
    術後の経過 ボトックスは熱に弱いという性質があるので、注入後7日間は汗をかくような行為はお控えください。3〜7日かけて徐々に効果があらわれてきます。3ヶ月から6ヶ月でボトックスの効果が弱くなり、元の状態に戻ります。
    リスク・副作用 内出血、腫れ、赤み、左右差、耐性が生じる、感染、痺れ
    禁忌事項 妊娠中、妊娠の可能性がある方は最終投与後から2回目の月経がくるまで避妊する必要があります。男性は少なくとも3ヶ月は避妊してください。全身性の筋肉の病気、ボトックスにアレルギーがある方、慢性的な呼吸器の疾患(要相談)、緑内障の方(要相談)

    ロレシー美容クリニック3つのお約束
    • 丁寧な施術を受ける女性の写真

      丁寧な施術

      患者様の希望に沿わせ丁寧に施術します。
    • 高品質・低コストをイメージできる画像

      高品質・低コスト

      高品質を安い価格で提供します。
    • 福留院長の診察する風景の写真

      再診料0円

      不安なことは何度でも再診料0円で対応させて頂きます。