Face lift

しわに適した治療 CLINIC

肌へのダメージ・痛みが少ない・デリケートな方でも脱毛可能

しわとは?

しわとは、加齢で生じた皮膚の変形で、線が入ったように皮膚に溝が出来ている状態です。
細かい溝から始まり、加齢が原因で徐々に深い溝となり、目立つようになってくる老化現象の一つです。

しわの原因は?

『しわ』とは、年齢と人生経験を重ねてきた証…とよく言いますが、
しわができる要因として、主に3つを上げていきます。
  • 1、加齢による肌の弾力や水分保持力の低下

    年齢を重ねたお肌は、肌のハリや弾力、柔軟性に加え水分保持力が低下していきます。その原因として真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌細胞が変性するからです。
    弾力を失ったお肌はシワだけではなくたるみの原因にも繋がります。
  • 2、肌の乾燥

    水分保持ができないお肌は、年齢・季節を問わず乾燥しています。
    お肌が乾燥すると、表面がカサつきキメが乱れ、目尻や口周りなどに細かいシワができます。
    この状態のままで過ごすと、シワとシワが繋がり深い溝のシワになってしまいます。

  • 3、紫外線

    ハリと弾力が低下する最大の原因が紫外線による光老化です。
    紫外線は肌の乾燥だけではなく、コラーゲンやエラスチンを減少させます。
    長年にわたる紫外線ダメージの蓄積によって深いシワや小ジワが刻まれます。

しわの種類

乾燥じわ・小じわ(表皮じわ)
肌表面にできる浅くて細かいシワ。主に皮膚が薄い目尻や口周りにできます。
肌の代謝や保水力の低下、乾燥、紫外線によるダメージによってできます。
大じわ(真皮じわ)
紫外線ダメージや加齢による肌老化によって、コラーゲン・エラスチンが衰え肌の弾力が失われ、大じわになります。年月が経つにつれ徐々に深い溝のしわとなります。
たるみじわ 紫外線ダメージによるハリ・弾力の低下、むくみや代謝の低下により脂肪の増加、表情筋の衰えなど、様々な原因によって皮膚が垂れ下がる現象により、たるみじわになります。 主に顔の熱い脂肪がある箇所に生じるもので、ほうれい線や、目の下に集中する事が多いです。
表情じわ 笑った時や怒った時など、表情筋が動く際にできるシワです。20代は表情を作った時にだけシワができるが、30代以降は年齢とともに元の状態に戻りにくくなります。

普段できるしわ予防・対策として

  • 紫外線対策

    しわの基本的な対策として、紫外線対策は必須です。
    日中は日焼け止めや日傘などで紫外線を防ぎましょう。
  • 乾燥肌はNG・しっかり保湿する

    お肌の水分量を上げるためには、内側からの潤いと外側からの潤いどちらも意識し乾燥対策をしましょう。
    こまめに水分補給をする。
    外気が乾燥してない環境をつくる。
    セラミドやヒアルロン酸配合の保湿ができる化粧品を使用する。
    など。