Face lift

肌へのダメージ・痛みが少ない・デリケートな方でも脱毛可能

小顔とは?

小顔とは顔が小さいことです。
小顔は美人の条件と言われています。小顔であればスタイルも良く見えます。
日本人女性の顔の長さの平均19.7cm 顔の横幅の平均が13.77cmとなります。平均値より短ければ小顔ということになります。

また、顔が小さく見える要因として、首の長さや肩幅の大きさで見え方が変わってきます。
同じ顔の大きさでも、首が短くて肩幅が狭い体型よりい体型の方が小顔に

服装を首が長く見えるVネックや、肩が広く見えるデザインの服を選ぶと小顔に見せることができます。

顔が大きく見える原因・対策は?

顔の大きさはもともとの生まれ持ったものだと諦めてませんか?
顔を治療で小さくすることが可能です。
まず、顔が大きく見える原因・対策を4つあげていきます。
  • 1、顔のむくみ

    顔が浮腫むと、顔全体が丸くなったように感じます。
    顔のむくみの原因は塩分やアルコールの摂りすぎや、ホルモンバランスが乱れた時など浮腫みの原因となります。
    また、筋肉量が少なく代謝が悪い人は浮腫みやすい体質になることが多いです。

    むくみを予防するには、適度な運動を習慣化する、塩分は控えめにする、お風呂に浸かってから就寝するなどで予防できます。
  • 2、顔の筋肉

    普段から食いしばる癖や歯ぎしりを無意識にしている場合は、エラの筋肉(咬筋)が発達し、顔が大きく見えます。

    この場合はボトックスを咬筋に注入すると筋肉が緩み小顔になります。
  • 3、加齢によるたるみ

    加齢により、肌の弾力やハリを与える役割をするコラーゲン・エラスチンの減少や骨の萎縮により中顔面から下顔面の皮膚が下がることで顔が大きく見えます。

    この場合はお肌の引き締めやリフトアップ効果がある治療をすると小顔になります。
  • 4、顔の脂肪

    顔の脂肪が多いと脂肪の厚みがある分、顔が大きく見えます。
    もともと顔に脂肪が多い方は脂肪を減らすことで小顔効果になります。
  • よくある質問 Q&A